イベントシーンまとめ/きらいな嘘と、好きなこと

イベント詳細:きらいな嘘と、好きなこと

シナリオクエスト Edit

旅の途中 前 Edit

これはあの旅路の、
ある日の記憶──
2つめの女神の力を
手に入れた後、
3つめの女神の力を
目指す旅の途中…
美形の旅商人
こちらです!
どうか──どうか、お願いいたします!
──いろいろあって、
俺とカナは、古い遺跡の前に立っていた。
カナ
うん!
絶対にあなたのお兄さん、助けてみせるわ!
さぁ!急ぎましょう!ゼファー!
行くわよ──
急くままに、
正面から突っ込もうとしたカナを、
フードを掴んで制止する。
カナ
──わっ!?
ゼファー
ったく…敵のアジトに入るのに、
突っ走って物音立てて、
わざわざ相手に場所を教えながら行く気か?
カナ
…そ、そうね。ごめん。ゼファー。
──慎重に、急ぎましょう!
…事の始まりは、
野営の準備の最中。
次の街へと続くこの森は、
夕過ぎには陽光が奪われ、
真っ暗になる。
皆で分担して、寝床の準備をしたり、
食事の準備をする中──
(シーンチェンジ)
サラ
じゃあ、私とリッピは釣りへ出かけるから。
リッピ
アレン様には料理を
お願いできますでしょうか?
俺とカナに割り当てられたのは
"薪拾い"だった。
カナ
ふふっ。──ねぇ、ゼファー。
どっちが多く薪を集められるか
勝負しましょう。
…?
何だかやけにテンション高いなこいつ。
やたらご機嫌なカナを見ていると、
なぜだろう…
…無性にからかいたくなるな。
カナ
わぁ!ねぇゼファー。
この白い花、初めて見るわ。
凄く綺麗ね!何ていう花なのかしら?
ゼファー
あー。旅の途中、何度か見た事ある花だな。
名前は、何だったっけかなー。
カナ
(わくわく…)
ゼファー
おお。思い出した。
シロミソっていうんだ。
味噌のような味の蜜を出す花で──
カナ
そうなの?
(──かぷっ)
みなまで聞かないうちから、
すでにカナは花に噛みついていた。
そして──
カナ
…う…うう…
に、にがいわ…
ゼファー
いやぁ。
面白い顔してるな、お前。
カナ
…ゼファー、嘘ついたのね?
──私、こういう嘘、嫌いよ。
ゼファー
信じそうだな、とは思っていたが。
いきなり噛むとは、予想の斜め上だった。
カナ
むぅ。
ほんと、ゼファーってたまに意地悪よね。
ゼファー
まぁ、そうかもしれないな。
そんな、いつもの──
何でもないやり取り…だったのだが。
ゼファー
…!
突如──
そばの草むらががさっと騒ぐ。
俺の視線の先で、
こわもての男達が薄ら笑いを浮かべていた。
悪人顔の男
へっへっへ…!
お前ら、おとなしくしな!
ゼファー
…賊の類、か?
悪人顔の男
おっ、なんだその目は?
いいだろう。
少し痛い目に遭わせてやろうじゃねえか!
男は目を血走らせ、戦斧を振り上げた。
雑な動きだ──
この程度なら、俺だけで片が付くな。

旅の途中 後 Edit

ゼファー
…見かけ倒しな連中だな。
カナが戦いに混ざる暇もなく──
あっさりと賊達は倒れ伏した。
ゼファー
賊か…街で、そういう噂は聞かなかったが──
最近住み着いたのか…?
──と。
再び、慌ただしく
下生えを踏み分ける音が聞こえる。
カナ
……ゼファー、気を付けて!
何か近づいてくるっ!
草むらから、
人影が飛び出してきた。
賊の増援──かと思ったが、
どうも様子向きが違う。
手傷を負い、流血した優男だった。
カナ
ど、どうしたの、あなた!?
優男
た、旅のお方…!
今の闘いぶりを拝見しました!
その腕前を見込んでお願いします!
どうか、私の兄を……!
奴らから救い出してください!
カナ
え、ええと…?
ゼファー
…まずは血止めだ。
話はその後、聞くぜ。
(シーンチェンジ)
──優男いわく、
彼の身の上は旅商人だという。
道中、裏道を使って
旅程を短縮しようとしたところ、
賊の奇襲を受け、キャラバンは壊滅。
リーダー格の兄が、
彼らに連れ去られてしまったとの事だった。
美形の旅商人
私ひとりでは太刀打ちできず…
腕に覚えのある方の助力を仰ごうと、
人里へ急いでいる途中だったんです。
カナ
お兄さんを捕まえて、
何をする気なんだろ?
美形の旅商人
十中八九、ゆすりに使う算段でしょう。
兄はそれなりに名の通った富商なので…
あくまでおおよそですが、
奴らのねぐらの場所は判断できます。
そこで…
ゼファー
俺達の力が必要だと?
美形の旅商人
あなた方の強さはこの目で見届けました!
どうか、兄を助けてください!
報酬ならいくらでも!
カナ
お礼なんかどうでもいいわ!
困っている人がいたら、助ける。
人として当然の事よ!
──と、意気込むカナに
商人が一言。
美形の旅商人
──あ、あれ?
お嬢さん、意気込んでいらっしゃいますが…
私が助力を仰ぎたいのは、そちらの殿方で…
カナ
あ、あれ?そっか…!
カナ
えっと──そ…そうよね。
ゼファーって、とっても頼りになるのよ。
うん。
ゼファー
……
カナ
こほん。
うん。困ってる人がいたら、助ける。
人として当然の事よね、ゼファー!
ゼファー
ったく…分かったよ…
東が手薄そうだな…
あそこから崩していくか。
なし崩しに、話に乗ることになった。
カナ
うん!分かったわ!
今度は、私も頑張るからね!ゼファー!
ゼファー
まぁ、構わないが…
無茶はすんなよ。

賊のねぐら 前 Edit

アジトの中にはたくさんの賊達がいた。
アリの巣穴を突き崩した時みたいに、
後から後から群がり、襲いかかってくる。
量は揃えているみたいだが
中身は大したことは無い。
女神の力と、魔具の力で──
カナも、対応できている。
カナ
そ、そうね!
こ、これぐらい、涼風のようなものよ!
ゼファー
またやせ我慢を…
旅商人があまりに急かすので、
皆を呼ぶヒマがなかったが、
俺達だけで充分だった。
捌き、いなし、倒していく。
盗賊
頭カチ割ってやらあっ!
美形の旅商人
う、うわああああっ!
──商人が狙われることもあったが
間に、カナが立ち入って捌く。
カナ
──えいっ!
盗賊
──ぐわぁぁぁぁぁっ!!
カナ
ふう。大丈夫?
美形の旅商人
え、ええ…。
思ったよりお強いんですね…!
ゼファー
…だってよ。
良かったな、カナ。
カナ
…ゼファー。
言葉に心がこもってないわ。
ゼファー
気のせいだろ。
──さてと。
だいぶ片付けた気はするが…
その、"兄貴"とやらの姿が見えないな。
美形の旅商人
も、もしや、皆さんに恐れをなし、
首領が兄を連れて
隠し通路から脱出をはかったとか…?
ゼファー
…どうだろうな。
リッピのスマホほど精密ではないが、
少しなら、俺にも探査の術の心得がある──
魔力と意識を集中させて、
遺跡の中に漂う気配を辿る。
内部の様子はだいたい把握できた。
配置からして、裏口めいた脱出路はない。
入口の方も、活動中の反応は皆無だ。
そして──
この奥に多勢の、"待ち伏せ"──
…ああ。
なるほど、こういうオチか。
…となると──
ゼファー
…カナ。少し分担するぞ。
俺は奥を探るから、お前は念のため、
入口を見張っておいてくれ。
──そっちに流れた分はお前に任せる。
カナ
──え!?
ゼファー
…?
何でまた、そんなに驚いた顔を?
カナ
だって、それは…
ゼファーが私に何か任せてくれるなんて。
…びっくりだもん。
おっと…
そういえば、そうか。
カナ
でも──うん!
分かったわ、行ってくる!
ゼファーの期待にばっちり応えてみせるわ!
カナは元気よく叫ぶと、
来た道を引き返していった。
さて──
ゼファー
行こうぜ。
美形の旅商人
は、はい…
俺と依頼主は、
さらに奥まった区画へと進んだ。

賊のねぐら 後 Edit

奥に、部屋があった。
扉の向こう側に、幾人のもの気配を感じる。
…さて。始めるか。
ゼファー
開けるぞ、後ろに隠れてろ。
男に指示を与えてから──
思いっきり扉を蹴破る!
盗賊の手下
──ふぐっ!
跳ね飛んだドアが具合良く
室内で息を潜めていた1人を直撃し、
そのまま下敷きにした。
部屋の中は、十名程の賊がいた。
人質らしき風貌の者はいない。
──これも、想定通り。
俺は、静かに──声をあげる。
ゼファー
さぁ、来いよ。
たった2人にここまでやられちゃ、
お前らのメンツも丸潰れってもんだろ?
──さぁ。早く来いよ。
せっかく背中を向けてやってるんだからな。
刹那──
後ろで空気がわずかに動いた。
体を横に捻り、突き出された短刀をかわす。
美形の旅商人?
なっ…!?
驚愕の表情を浮かべているその男──
旅商人を詐称していた男の腕を掴み、
盗賊達の中央に投げ飛ばした。
美形の旅商人?
ぐあぁぁっ!?
ゼファー
さて、お互い芝居は仕舞いにしようぜ。
手短に終わらせなきゃならないんでな。
後の事を考えると、急いだ方がいい。
遅くなるとあいつに怪しまれる。
盗賊の首領
く、くそっ!
総掛かりであいつを討ち取るんだっ!
ゼファー
最初からそれぐらい分かりやすきゃ、
こっちも分かりやすくしてやったんだぜ?

決着の後に 前 Edit

盗賊の首領
ぐはぁっ!
ゼファー
まぁ、こんなもんだろ。
さて──
旅商人──のフリをしていた賊が、
震える指を俺へと突きつけてくる。
盗賊の一味
…な…なぜ、見破った…?
ゼファー
遺跡の中に入ってから、
俺達を襲う連携が
あまりにも慣れてたからな。
防衛戦の場数を踏んでいるとも思えない。
集団で俺達に攻撃を仕掛けやすい場所に、
お前が細かく誘導を繰り返していただろ?
盗賊の一味
っ…!
ゼファー
お前は、俺達が
野営の準備をしている所を見て、
手下どもをけしかけたんだ。
が、思いの他手強かったんで、
俺達をアジトにおびき寄せて
カタをつける方針に変えたんだろう?
お前のケガにしたって、
傷口の割に血があまりにも多すぎた。
動物の血でも使ったんだろうが。
盗賊の一味
…けっ、畜生が!
俺も焼きが回ったぜ…
気絶させた賊達の腰からベルトを抜き、
俺は手早く全員を縛り上げた。
ゼファー
俺達は明日、隣の街に着く。
お前らの事は、その時役人に報告しておくぜ。
捕まえに来るまで、大体3日くらいか?
飯と水はないが、
身から出た錆って事であきらめろ。
盗賊の一味
クソが…
月のない夜はせいぜい気をつけな!
これで、こっちは終わり。
あとは、また──芝居、だ。
…まぁ、何だ。
せっかく、ドジなあいつなりに、
役に立てたとか思ってたりするんだし。
世の中には、知らなくていい話もある。
こんな陳腐な話、知らなくて別にいいだろ──

決着の後に 後 Edit

カナ
ゼファー!
大丈夫だった!?
ゼファー
おお、全然問題ないぜ。
お前こそ大丈夫だったか?
カナ
──うん。
結局、誰も来なかったから。
ゼファー
そうか…
俺の方は、少しミスっちまった。
カナ
え?ゼファーが?
どうしたの?
ゼファー
人質は助けたんだが、隠し通路があってさ。
トラップの目眩しを喰らってる間に、
賊どもに逃げられちまった。
カナ
あら?
目眩しが効いてる間に
刺されそうになったりしなかったの?
ゼファー
向こうにもそんな余裕なかったんだろ。
まぁ、商人達は先を急ぐって言うんで、
そのまま別れたよ。
カナ
ふ~ん、そうなのね。
ゼファー
あぁ。ちょっと詰めが甘かったが…
ひとまずこれで一件落着だ。
カナ
──うん、分かったわ。
それじゃあ、薪拾いを再開して、
早くみんなと合流しましょ!
ゼファー
…ああ。そうだな…
カナはくるっと俺に背を向けた。
…何だ?
うまくいったはずなのに、
何か妙な空気を感じる…
改めて、前方のカナ見やると──
肩を震わせて──
くすくすと、笑っている。
ゼファー
──お前…
カナはくるりと振り返り、
笑顔で、まっすぐ、俺に言った。
カナ
ふふっ──
気を遣ってくれてありがとね、ゼファー。
ゼファー
何だよ…
…気づいてたのかよ。
カナ
──私、ゼファーの事はよく知ってるもの。
私1人に何かを任せるだなんて言葉、
まだ、言ってくれないでしょ?
ゼファー
…それで、隠れて見てたってわけか?
カナ
うん。
ったく…
まさか、最初から見透かされていたとは…
我ながら…ダサいな…
ゼファー
…まぁ、何だ。
気を落とすなよ。
カナ
何が?
ゼファー
何がって、そりゃ──
カナ
助ける事ができたと思った相手が、
私達を騙していたって事…?
ゼファー
──まぁ、そういう事だが…
カナ
そりゃあ…ちょびっと、ショックだったわ。
私だってこれぐらいやれるんだ!
って思えたのにね。
──でもね。
それよりも、ずっと嬉しい事があったの。
だから、いいの。
ゼファー
嬉しい事?
カナ
ふふっ──ゼファーが私のために、
嘘をつこうとしてくれた事。
ゼファー
…なんだそりゃ…
嘘は、嫌いだったんじゃないのかよ?
カナ
ゼファーが、私を思って
ついてくれた嘘だもの。
──そういう嘘は、好きなのよ。
気持ちが──想いが、嬉しいもの。
まっすぐ──
微笑んで、俺に──
そう訴えかけてくる。
ゼファー
…そうかい。
そりゃ、何よりだ。
まぁ…何だ。
ダサかったり、気恥ずかしかったり、
さんざんな心境ではあるけど──
随分楽しそうだから、
これはこれで、良しにしとくか…
ゼファー
ふぅ。よし…とっとと帰るぞ。
日が暮れちまう。
カナ
…うん、そうね!急ぎましょう!
今日の晩ご飯は何かしら?
と、駆け出そうとする
カナのフードを掴み、引き止める。
カナ
わっ!な、何?
ゼファー
ったく…
戻る道なら、そっちじゃない。
こっちだ。
カナ
あれ?
そう、だった?
ゼファー
仕方ない奴だな…付いてこいよ。
カナ
うん!
ありがとう、ゼファー!
──そうして、
2人並んで歩き出す。
──帰ろう。
──この辺りの夜は長いから、
薪を、もう少し集めてから。
──帰ろう。
──仲間達のいる、あの場所に──

激闘クエスト Edit

カナの戦闘訓練 前 Edit

サラ
って事で──特訓だね!カナ!
カナ
うん!特訓だね!サラ!
──いっぱい、いっぱい、頑張るわ!
ゼファー
…少しぐらい経緯を説明してくれよ…
──アレン。お前も何
微笑み穏やかモード入ってやがる。
──相棒に軽くチョップを入れてやる。
リッピ
日々、カナ様は"異空の女神"の力を
使いこなせるように、
様々な特訓を行っているのでございます。
ゼファー
そういえばそんな事言ってたな。
カナ
少しずつだけど、皆に教えてもらって、
マシにはなってきたと思うの。
──だから、そろそろゼファーにも
見てもらおうと思って。
ゼファー
何で俺なんだ。
サラ
カナ的には、ゼファーさんに
認めてもらえるのを
一つの目標にしていたんですよ。
ゼファー
何だそりゃ…?…まぁいいか──
確かに、まぁまぁ出来るようには
なってきたしな。
少し付き合ってやるよ。
カナ
うん!ありがとう!
特訓、頑張るわ!

特別クエスト Edit

        後 Edit

おしまい

イベントシーンまとめ


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-05 (土) 17:01:51
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki
当wikiの画像やデータはBANDAI NAMCO Entertainment Inc.に帰属します。 【謝辞】 当wikiを更新するに当たり、掲示板、Webサイト、Lobiへの書き込みを多々参考にさせて頂いております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK