イベントシーンまとめ/ハッピーデイズ~とても幸せな一日について~

イベント詳細:ハッピーデイズ~とても幸せな一日について~

「ハッピーデイズ」前 Edit

 
それは月が高く空に登る、
ある日の夜の事でした。
リッピ
…むにゃむにゃ…
…ふわぁ~…
…おや…?リンク様?
サラ様…?
 
部屋の中に、お二人の姿は見えず。
気配を感じる方向へと進んでみると──
宿屋の外に。
リッピ
(あれは…?
お二人とも、こんな所で一体何を…?)
サラ
ごめん、リンク
こっそり準備するのに、
ちょっと時間がかかっちゃって。
──うん。大丈夫。
リッピ、ぐっすり寝てたから、
うまく抜け出せたと思う。
リッピ
(お二人だけで、一体何を…?
しかもあれは…旅支度…
こんな夜中に冒険…?)
サラ
調べてみたんだけど、目的の場所は、
ここから東の森の奥にあるみたい。
魔物を全部倒せば、依頼完了、だね。
それじゃあ、行こうか!
リンク
リッピ
(お二人だけで…魔物退治…?
なぜ、私に黙ってこっそりと…)
(は!?ま、まさか!?)
 
いやはや。どうにもこうにも──
恥ずかしながら、私は、
お二人の事となると、少々、
早とちりしてしまう事が多いようで。
リッピ
お、お二人にとって私は、
足手まといという事なのですか!?
私のような未熟者は、
戦闘に出ても邪魔になるだけ!
闘いはお二人で──
私は、宿やキャンプで
ひたすら食事を作っていてくれ、と…!?
そ、そんな!?
私はまだまだ、
お二人と共に戦えます!
どうか傍にお連れくださいませぇっ──!
 
遠ざかるお二人の背中を、
私は急いで追いかけたのでした。

「ハッピーデイズ」中 Edit

サラ
やぁぁぁぁぁぁっ!
リッピ
凶暴な魔物たちを、
お二人は次々と倒していきます
サラ様の華麗な剣技。
リンク様の
──石詠みの力──
私が、戦わずとも。
私が、おらずとも。
サラ
──あれが、この辺の魔物の親玉だね!
──たぁっ!
サラ
──リンク!最後、お願い!
リッピ
いやいやいやいやお待ちください!
ここは私めに──
お任せあれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
サラ
──え!?
リ、リッピ!?
リッピ
どうでしょうか!?今の私の魔力!
いかがですか!?
サラ
ど、どうしたの?何でここに?
リッピ
私も!まだまだ!
皆様のお力になれますよ!
サラ
え…ええ…?
リッピ
そ、その困り顔…やはり不足ですか…!?
それでは──実はですよ!
このような技もあるのです!
驚きますよ…!ご覧ください!
リッピ
私が戦闘力のアピールの為、
切り札として隠していた
後ろ回し蹴りの構えに入った時。
リッピ
ぽふっと。
サラ様に頭を撫でられました。
サラ
ふふっ。どうしたのリッピ?
何だか、すごーく肩に力が入ってるよ。
リッピ
…わ、私…
──私が未熟なばかりに、
お二人は、私を、
魔物退治からおいていかれたのでは…と
──!?
と、リンク様…
な、なぜお笑いになるのですか!?
サラ
あはは!
まさか。そんな事あるわけないよ!
リッピに黙って魔物退治に行ったのは…
──ね。リンク
リッピ
…?
サラ
ごめんねリッピ。
──ちょっと誤解させちゃったね。
さぁ。一緒に街まで戻ろう。
そして、今日は眠って──
明日、準備が終わるまで待ってて!
 
(一旦フェードアウト)
 
(さくらんぼの絵)
リッピ
──こ、これは…!?
サラ
ふふっ。
私達、いつもリッピに助けられてるから。
何かプレゼントをしたいねって、
リンクと話してたんだ。
そうしたらね──。
二人して、さくらんぼが良いよねって!
リッピ、さくらんぼ食べる時、
すごく嬉しそうな顔するから。
絶対、大好きだよね──って。
リッピ
なんと!
お、お気づきになられていたのですか!
にゅは~…きょ、恐縮です…!
サラ
ちょうどこの辺りはさくらんぼが特産品で
沢山手に入るなぁって思ってたら。
──農園の周りに魔物が住み着いて
困ってるっていう話だったの。
そうしたら、リンクが──
魔物退治を引き受ける代わりに、
さくらんぼをたくさん下さいって。
リッピ
それで、魔物退治に出向かれたのですね
ううう…そ、そんなお二人の
お気持ちも知らず…
私は一人勘違いを…
も、申し訳ございません…
サラ
リッピ。悲しそうな顔はいらないよ。
喜んでくれる顔が見たくて、
リンクと用意したんだ。
いっぱい食べてね!
──リッピ。いつもありがとう!
 
「リッピ、いつもありがとう」
 
(さくらんぼとリッピの絵)
 
お二人の言葉は、深く、温かく、
私の胸に、染み渡りました。
私は、心に強く、刻みます。
お二人の為に、この身を尽くしたいと。
お二人のお役に立ちたいと。
──いつまでも、
お二人と一緒に旅をしたいと。
あ。
そうだ。そうでした。
自分が、天界の者である事を
忘れるところでした。
これはうっかり。
自分は、天界にて女神に仕える妖精。
全ての種を浄化し終えた時。
私は、この地上を去らなければ
ならないのでした。
…うむぅ…
…うぅぅむ…
…うぅぅぅぅぅぅぅぅぅむ…
甘くもほのかに酸味のある。
まさに、さくらんぼの味のような。
そんな気持ちは、
ひとまず胸にしまいながら。
リンク様!サラ様!
ありがとうございます!
私は──とても幸せ者でございます!
幸せな時間と、
たっぷりのさくらんぼを、
味わったのでした。

「リッピの戦闘訓練」前 Edit

リッピ
改めて私、お二人のお傍で、
共に戦っていく決意を
固めた次第であります!
サラ
ふふっ。うん!
よろしくね!リッピ!
リッピ
そこで、これを機に、
魔力によるサポートのみではなく、
様々な闘い方を身につけてみようと
思っております。
つきましては、お二人より、
その心得をご指導頂ければと思うのですが…
いかがでしょうか?
サラ
リッピったら、
そんなに肩肘張らなくても良いのに。
でも──
──うん。そうだね!リンク
リッピの助けになるなら、
やらない理由なんてないよね。
リッピ
ありがとうございます!
サラ
私は剣と…お兄ちゃんから習った体術なら、
少しは役に立てるかな。
リッピ
私、どんな修行でも、ついてまいります!
よろしくお願いいたします!

おしまい

イベントシーンまとめ


トップ 最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-01 (水) 21:17:37
広告非表示機能付き/ユーザー還元型ウィキ無料 レンタルwikiゲーマーズwiki
当wikiの画像やデータはBANDAI NAMCO Entertainment Inc.に帰属します。 【謝辞】 当wikiを更新するに当たり、掲示板、Webサイト、Lobiへの書き込みを多々参考にさせて頂いております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

サイト表示オプション

サイト横幅変更
右メニューバー追加
広告非表示
タイトル
メニュー
コンテンツ
広告
メニュー
(右)
Tips サイトのレイアウトを切り替える機能です
初期化
キャンセル
OK